ヘッダー画像

トヨタのカローラ・フィールダーってどういう車なの?



トヨタカローラフィールダーは通称フィールダー、トヨタのステーションワゴンです。

カローラフィールダーの前身はカローラワゴン日本国内向け仕様ですね。

フィールダーが登場したのは2000年の8月です。

初代カローラフィールダーが誕生してから現行モデルまで引き継いでいる特徴といえば、燃費性能の高さです。

ガソリンエンジン車として排出ガス基準25%低減レベルを満たし、3代目に至っては平成27年度燃費基準+10%を達成しています。

ハイブリッド車と比べれば燃費性能は劣るかもしれませんが、1500ccの車両としてのコストパフォーマンスの高さは確かです。

カローラフィールダーはその他にも、JNCAP新・安全性能総合評価ファイブスター賞を獲得しています。

排気量1500cc以下の小型スーテションワゴンでの受賞は、カローラフィールダーが初という快挙です。また、カローラフィールダーの特徴は扱いやすさにもあります。

特徴的なのは女性からの支持の多さです。

癖や欠点の少ない操作性のため、運転に慣れていない女性でもスムーズに走らせることができると好評です。

安全装備も充実しているので、ファミリーカーとしても重宝している人が多いですね。


image